浦和レッズは17日、浦和ユースに所属するMF堀内陽太(18)が来季からトップチームに昇格することが内定したと発表した。

埼玉県出身の堀内は、大宮FC七里スポーツ少年団、クラブ与野を経て浦和レッズユースに入団。今季はチームで背番号10を背負い、キャプテンとしてもリーダーシップを発揮している。「自分1人だけではここまでやってくることはできませんでした」と周囲への感謝の言葉とともに、プロとしての意気込みをコメント。

「少しでも早く試合に出て定着し、浦和レッズを勝たせることのできる選手に、そして海外でも活躍していける選手になりたいと思います。自分の中心に置いている『人間性』という部分をこれからも大事にして向上心を持ち、全力でプレーしていきます」。埼玉育ちの期待の若手が、来季から新たな戦力となる。