日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


アギーレ氏、お金受け取ったとESPN

 八百長問題に絡んで日本代表監督を解任されたハビエル・アギーレ氏(56)が、サラゴサを率いていた当時、クラブ会長からお金を受け取ったことを初めて認めたと、ESPNデポルテス(電子版)が報じた。これまで同氏はお金の流れについて「司法当局に話す」としていた。

 ESPNデポルテスは、アギーレ氏と親交のあるメキシコ1部パチューカのマルティネス会長を取材。同会長が「アギーレ氏が『自分の口座にお金が振り込まれた』と言っていた」と明かした。その上で「彼はお金をすぐにサラゴサ側へ戻した。それは手違いで振り込まれたもので、彼が銀行に行くと、すでに返金用の封筒まで用意されていたそうだ」とアギーレ氏の言い分を説明した。同会長は「彼は自分で稼いだお金でなければ1セントも受け取ることはない」とアギーレ氏の無実を信じているという。

 [2015年2月22日8時9分 紙面から]

PR情報







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞