日本代表MF三笘薫(26)が所属するブライトンがホームでブレントフォードを2-1で下し、2試合ぶりの勝利を飾った。三笘はフル出場し、2得点に絡む活躍でチームの勝利に貢献した。

定位置の左サイドで先発した三笘は、0-1の前半31分にMFグロス(32)のゴールをお膳立てして今季4アシスト目を記録。後半7分にも左サイドからカットインし、ななめに走り込んできたグロスにパスをして、MFヒンシュルウッド(18)の逆転弾の起点になった。

英メディア「Sussex World」による採点で、三笘は7点の評価。「日本のFWは、最近、フル回転できておらず、疲れているように見えたが、今夜はベストな状態に戻りつつある兆しを見せた。序盤は非常に生き生きとして見えた。グロスにシンプルなアシストを決めた。一晩中、ワイドなポジションで脅威だった」などと評された。

三笘は11月15日に太もも裏の負傷により、日本代表活動から離脱し、11月25日のシェフィールド戦を欠場。同30日のAEKアテネ戦で先発復帰していた。