どーもです。11月も後半となり、2023年はあと1カ月強で終わろうとしています。今年のゴルフはふがいない状態です。齢54としては「練習はうそをつかない」で育った世代ですが、逆もまた真なりです。つまり「練習していない。だから落ちるだけ」ですよね。ここ最近マジでヤバイのがアプローチ。グリーン周りはともかく、バンカー越えになった途端、意識していないつもりですが心のどこかに「バンカーに入ったらイヤだな」とか思っているんでしょうね。ほぼ100%バンカーに入っています。昨日までのラウンドレポでもそうでしたしね。というわけで、今後のラウンド予定がありません!! たむ。プロ、今年はあざっすコンペやりますか? 例年通りなら富士桜なので、スコア的には…ですけどw そんなわけで、今年も残り2回となった「たむ。プロのつぶやき」をお楽しみください。


どーもです。とうとう2023年のつぶやきも今回を入れて残り2回。これがアップになるということは月末の週末だし、来週には12月になるし、今年も終わりですね。


そんな今月のゴルフでの出来事といえば、やっぱり女子のプロテストですよね! 毎年毎年レベルは高くなりつつありますが、今年は今までとは大きく違う、とんでもない年になりました。2022年度女子プロテストは3オーバーで20人が合格でした。それが今年は5アンダーまでの21人が合格。


4アンダーで合格できないだなんて…

昨年と比べて、もちろんコースの違いはあるかもしれませんが、それでも合格ラインが8打違うって…!?


「1年で何があったの」って感じです。そして合格者の5位タイまでの7名のうち5人が現役高校3年生。まだ高校を卒業していないですってば…。2位タイの馬場咲希選手は超有名なスター選手ですが、とにかく5人が現役高校生です。他には、今年の3月まで高校生だった選手も合格していましたね!!


今年2月にエナジックジュニアオープンがあったのですが、その時に3位に入った選手が15位タイで合格した與語選手です。トップ合格の清本選手は、今年の高ゴ連全国大会や日本ジュニアの時にプレーを目にしていて、そんなに遠くないうちに強い選手になりそうだなと思っていたのですが、すでにめっちゃ強でめっちゃうまい選手でしたねっ!!


プロテストも1つの試合なので、成績の良し悪しはその週によって違うのは百も承知ですが、例えばナショナルチームメンバーから今年受験したのは3人でしたが、合格したの馬場咲希選手1人でした。高校ゴルフ連盟の強化選手(いわゆる高校ゴルフ連盟のナショナルチーム)から合格したのは上久保選手と菅選手だったと思います(間違えていたらごめんなさい)。このことからしても、ゴルフもスポーツなので絶対はありえないということをまざまざと見せてもらった感じです!


あと何年かしたらエナジックスポーツ高等学院の選手からも受験する選手が出てくると思いますが、その時は今よりもさらにレベルアップしていると思うと考えただけでも胃が痛くなりそうです。


それでは皆さん また来月もお会いしましょう!!


ではでは


たむ。プロ

三浦辰施 Tatsuya Miura