日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

落合監督イバラの道続く?五輪組すぐには

 中日落合博満監督(54)は22日、北京五輪日本代表組の帰国後の起用について、合流可能な25日巨人戦(東京ドーム)の出場をコンディション次第で見合わせる方針を示した。「ボロボロになって戻ってくる選手もいるだろうから(出場は)体調を見てから決めるしかない」。チームは川上、岩瀬、荒木、森野、台湾代表チェンの12球団最多5代表が離脱してから5勝6敗1分。3位に甘んじているだけに1日も早く戦列復帰してほしいところだが、ベスト布陣で戦えない可能性が出てきた。

 苦戦続きの星野ジャパンの中で、中日勢の負担も増している。岩瀬は投手陣最多の4試合に登板。セットアッパーとして今季ペナントレースでもなかった2イニング登板をこなすなど、フル稼働している。川上も慣れないリリーフとして岩瀬に並ぶ4試合に登板。野手では荒木、森野が全8試合中7試合に出場。普段とは違った重圧と疲労を抱えながら戦っていることを考えると、懸念されるのは体調面だ。

 関係者は「岩瀬は戻ってきてもすぐには使えないかもしれない」と話した。この日の韓国との準決勝で決勝2ランを浴びて3敗目を喫しており、心身のダメージが最も危惧(きぐ)される。首脳陣にとっては北京帰りの主力の体調が気がかりだ。【鈴木忠平】

 [2008年8月23日10時30分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは










日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです