ニッカン・コム杯

末永由楽が好バランス機を駆使して連勝発進/びわこ

<びわこボート>◇初日◇23日

【予選チェック】

末永由楽が連勝発進を決めた。好枠デーの初日は5Rをきっちり押し切り、10Rは中村裕将がターンマークを外したところを的確に差し切った。「ペラを微調整して、回す感じで合ってくれた。バランスが取れている。リズムが良かった」と笑顔。2日目は7R6枠、12R4枠と一転して中外枠となるが、好リズムに乗って連勝を伸ばしたい。

伏兵の前川守嗣も連勝を決めた。4Rで逃げ切り、8Rでは佐々木康幸を2周1Mでさばいた。「チルト0度にしてスタートしやすい。ターンもしっかりできる。伸びは怪しいがスタート行ければカバーできる」と納得の表情。2日目10Rは6枠。パワーを生かして克服し、3連勝を狙う。

初日ドリーム12Rは内枠両者が立ち遅れ、3枠の山田竜一がまくり切った。スタートに好感触も、ころころと変わりそうな今節の天気予報には眉をひそめた。