日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


アテネ五輪銀の長塚智広が引退

 アテネ五輪銀メダリストの競輪選手・長塚智広(36=茨城)が現役を引退する。

 28日、東京・渋谷区の岸記念体育会館で記者会見を行う。98年8月にデビューし、ダッシュ力を持ち味にナショナルチーム入り。04年アテネ五輪ではチームスプリントで伏見俊昭(38=福島)、井上昌己(35=長崎)と、日本初の銀メダルを獲得した。11年の競輪祭を制してG1初戴冠を飾った。

 会見を前に「競技者としてアテネ五輪の銀メダル、競輪選手としては競輪祭でG1タイトルを取ってやり切りました」と、引退理由を明らかにした。今後は「2020年の東京五輪を中心にスポーツ、地域、子供、医療に貢献できる活動をしていきたい」と語った。

 一昨年12月に日本競輪選手会(選手会)から離脱騒動を起こした。昨年1月、選手会に謝罪復帰したが中心人物の1人とされ、昨年5月から1年間の出場自粛の制裁処分を受けた。同処分を受けた武田豊樹と村上義弘は軽減措置で早期復帰したが、長塚は軽減措置を受けなかった。

 疾病などの正当な理由なく1年間以上出走しない場合は諮問委員会を経た上で選手資格は失効となる。また、6カ月以上の欠場となった選手は「走行能力検査」が義務づけられ、競走に支障がないことをチェックされる。長塚は今月中にも同検査を受け、3月4日開幕の小田原F1が、復帰戦候補として浮上していただけに急転の引退決定とみられている。

 [2015年1月28日10時42分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞