日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日本記録
  5. 主な大会日程
  6. コラム

鹿実初Vトラック勝負制した/高校駅伝

<全国高校駅伝男子>◇26日◇京都・西京極陸上競技場発着(7区間42・195キロ)◇47校

 42回目出場の鹿児島実が悲願の初優勝だ。世羅(広島)の3区チャールズ・ディランゴ(2年)の驚異的な快走で、4区への中継地点では1分14秒差の4位。そこから差を詰め、最後はアンカー7区の高田康暉(2年)がトラック勝負に持ち込んで大逆転した。記録は2時間3分59秒で県勢初優勝ともなった。

 鹿児島実の高田は残り1キロで世羅の大工谷の背中につき、トラック勝負のラスト300メートルで前に出てゴールテープを切った。「地元の選手だけで勝てた。それが一番うれしい」と上岡監督。近年の高校駅伝は留学生ランナーがかぎを握る。強烈な「個」にチームで対抗した。8位に終わった昨年の大会。翌朝、メンバーで同じコースを走ったという。「次は絶対、日本一になろうと誓い合った」(高田)。上岡監督は今年8月、父を亡くした。毎年、駅伝の季節を楽しみにしていたという。「喜んでくれたでしょうねえ」。初出場の1954年(昭29)から56年目。県勢初の感慨は、ひとしおだった。

 [2010年12月27日8時3分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

全国高校駅伝



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです