日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

尾崎残り100m逆転 第一生命V2/駅伝

日記を書く

<陸上:東日本実業団対抗女子駅伝>◇3日◇さいたま市~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(6区間、42・195キロ)

 女子の第一生命が2年連続2度目の優勝を飾った。アンカー尾崎好美(30)がゴールまで残り100メートルのところで先行していた積水化学の馬場を逆転し、2時間17分21秒でゴールした。区間新記録も打ち立て、五輪出場権のかかる20日の横浜国際女子マラソンへはずみをつけた。男子は、日清食品グループが3時間44分56秒で2年ぶり5度目の王座に就いた。女子の全12チーム、男子の13位までが全日本大会(女子=12月18日・宮城、男子=来年1月1日・群馬)の出場権を獲得した。

 尾崎が33秒差をひっくり返した。タスキを受け取った時点で、積水化学とは約170メートル差。最終6区は6・3キロ。約2週間後に迫った横浜をイメージするかのように、ゴール目がけてロングスパートだ。逃げる馬場の背中を夢中で追った。競技場に入った時点でまだ100メートル差。だが、持ち前の粘りでじわりじわりと追い込み、残り100メートル地点でついにとらえた。最後は3秒差をつけ、ゴールに飛び込んだ。20分41秒の力走で区間新記録も樹立した。

 表情には充実感がみなぎる。「スピード感のあるレースができた。勝てる確信はなかったけど、見える位置だったので強い気持ちを持って走った」。目前に五輪選考レースを控える。当然、迷いはあった。それでも山下監督は「緊張感のある中でどれだけ走れるのか見たかった」とアンカー起用。特別扱いしなかった。今夏の世界選手権は金メダルを期待されながら18位。五輪を目指し、一からの出直しだ。「久しぶりにスカッとした」。尾崎が晴れやかな表情を取り戻した。【佐藤隆志】

 [2011年11月4日8時16分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞