100周年を迎えた第97回全国高校野球選手権期間中、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の著者、岩崎夏海氏(47)が「百年の球独(きゅうどく)」と題して特別寄稿。1915年に第1回全国中等学校優勝大会が豊中グラウンドで始まってから、1つの球場で、1つのボールを追いかけてきた球児たちをめぐるドラマを独自の視点で切り取ります。

 準決勝の2試合は、ともに大差がついたものの、高校野球の醍醐味(だいごみ)を味わえる内容となった。どちらの試合も、似たようなひとつのプレーが試合の流れを決定づけた。それがなければ、おそらくもっと僅差の戦いになっていたことだろう。

 まず第1試合の仙台育英対早実、そのプレーは3回裏に飛び出した。早実が、清宮くんのヒットで2死満塁とチャンスを広げ、主砲の加藤くんを迎えたところだった。仙台育英の佐藤世那くんが、見事なけん制球で二塁ランナーの山田くんを刺したのだ。

 それは高度にデザインされたプレーだった。満塁だと重要なのは三塁ランナーなので、ホームベースから最も離れている二塁にけん制することはまずない。その裏をかいて、仙台育英はあえて二塁にけん制した。その罠(わな)にかかった山田くんがタッチアウトとなり、追撃の芽をつぶしてしまった。

 そして、このプレーが決定的な意味を持ったのは、次の回の仙台育英の攻撃においてだった。先ほどアウトになった山田くんが、やっぱり決定的な場面でエラーをしてしまったのだ。そうして、仙台育英に重い追加点を与えてしまった。

 試合後、山田くんはエラーについて泣きながら「けん制死をひきずっていたところがある」と語った。

 続いて第2試合の関東第一と東海大相模の試合、そのプレーは5回表に出た。関東第一が、1死二塁でセーフティーバントを決め、チャンスを広げた。ところが、三塁に進んだランナーの金子くんが、オーバーランでアウトとなってしまったのだ。

 これも、東海大相模が普段から練習しているプレーだった。一塁が間に合わないとみた一塁手の磯網くんが、とっさの機転で三塁に送球したのだ。第1試合の仙台育英もそうだが、ベスト4に勝ち残るようなチームは、こうした高度にデザインされた守備を普段から練習しているのである。

 そして、このプレーが決定的な意味を持ったのも、やはりその次の東海大相模の攻撃においてだった。先ほどアウトになった金子くんが、その動揺を引きずったままマウンドに登り、東海大相模に決定的な追加点を許してしまった。

 そんなふうに、この試合は勝ったチームに守備での高度にデザインされたファインプレーが飛び出した。そして、それに動揺した相手チームが決定的な追加点を与えるという展開で、大差がついてしまったのだ。

 ここで注目したいのは、そうしたデザインされたプレーというのは、負けた方のチームも重々承知していた、ということだ。そういうプレーがあるというのは、早実の山田くんも関東第一の金子くんも分かっていた。

 それでいながら、彼らは追撃を焦ったあまり、その罠に落ちてしまった。それゆえ、動揺を抑えきれなかった。

 高校野球でミスが重なるのは、弱気になったときではない。むしろ、勝ちたい気持ちが焦りにつながったときだ。準決勝は、それが如実に表れた2試合だった。

 ◆岩崎夏海(いわさき・なつみ)1968年(昭43)7月22日、東京生まれ。茗渓学園で軟式野球部。東京芸大卒業後、秋元康氏に師事し、放送作家に。著書「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が270万部を売り上げた。