日本高野連の小倉好正事務局長(62)が13日、書面での取材に応じた。11日にオンラインで行われたプロ野球とJリーグの「新型コロナウイルス対策連絡会議」に小倉事務局長も参加したことを明かし「選手、関係者の健康管理、再開に向けたガイドラインなどを参考にさせていただきます」とコメントした。

一部地方自治体の休校解除、全国での感染者数の減少について「野球部員にとって、今一番希望していることは、1日でも早い部活動の再開ではないか」と、球児たちへの思いを言葉にした。

20日の運営委員会での開催可否が先送りになった場合、決断はいつするのかという問いには「運営委員会に向けて準備をしている」と明言は避けた。