日本ハムの新守護神候補、鍵谷陽平投手(27)が、開幕に間に合わない見通しとなった。球団は16日、鍵谷が15日に都内の病院でMRI検査を受け、右尺側手根屈筋(前腕内側)の筋挫傷と診断されたと発表。試合復帰まで約3週間を要する見込みで、今後は17日から2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷でリハビリを開始する予定となった。

 昨オフに前守護神の増井がオリックスへFA移籍し、後継者として有力候補に挙がっていたが、開幕直前のアクシデントで出遅れることが決まった。