故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が29日、都内で開かれ、選考基準全7項目をクリアした巨人菅野智之投手(29)が初受賞の昨季に続いて選ばれた。2年連続受賞は95、96年の斎藤雅樹(巨人)に次ぎ5人目の快挙。400勝投手の金田正一氏しか成し遂げていない「3年連続沢村賞」を全項目クリアでの達成、「20勝」を来季の目標に掲げた。

<選考経過>

全会一致で巨人菅野が選ばれた。原則的な選考基準は(1)15勝以上(2)150奪三振以上(3)10完投以上(4)防御率2・50以下(5)投球回200以上(6)登板25以上(7)勝率6割以上の7項目。菅野は12球団で唯一、13年金子千(オリックス=受賞は楽天田中)以来5年ぶりに全項目をクリア。文句なしの成績に会議はわずか十数分で終了し、堀内委員長は「非常に今年はスムーズに進行いたしました」と説明した。

対抗馬には、4項目(15勝、159奪三振、27登板、勝率6割8分2厘)をクリアした大瀬良(広島)が挙がった。堀内委員長は「優勝したチームに大変貢献したが、この賞は日本のNO・1投手を選ぶ賞。2人は考えにくい。今年は残念だが、来年に期待したい」と話した。

今回から選考基準の7項目以外に、先発し7回以上を投げて自責点3以下に抑えた試合の割合を示す「日本版クオリティー・スタート(仮称=QS)の達成率」も考慮の対象になった。近年の投手分業制を鑑みた処置だったが、菅野が10完投をクリアし、北別府委員は「QSの話は一切出なかった」と明かした。

菅野は史上5人目の連続受賞。平松委員は「金田さんの記録に成績を上げて挑戦してほしい」と史上2人目の3年連続を期待した。