阪神の新人木浪聖也内野手が「影のヒーロー」だ。矢野監督が褒めたのは守備だ。「タイムリーももちろん、よかったけど、ショートでそういうプラスアルファを求めている」。

同点に追いつかれた直後の2回1死一、三塁。中村の高いバウンドのゴロにチャージし、二塁送球して併殺を完成させた。木浪も「攻めの守備を心掛けて、あの打球をゲッツー取れたのは大きい」と振り返った。打撃でも1点を勝ち越した4回1死一、二塁で原の初球フォークをとらえ、右前に適時打。4戦ぶりの打点だった。