阪神が3回にジェフリー・マルテ内野手(28)の2点適時打などで、一気に試合をひっくり返した。

2点を追う4回、先頭の近本が右前打で出塁すると、糸原の2球目に二盗、糸井の2球目に三盗を決め、1死三塁とチャンスメーク。糸井の中前適時打で1点をかえすと、大山が右翼線への二塁打で続いた。最後はマルテが139キロの直球をとらえて、左前に2点適時打を放った。「昨日チャンスの場面で打てなかったから、今日はいい場面で打てて良かったよ。ポジティブな結果になったね」。この回一気に逆転に成功した。

マルテは前日21日に28歳の誕生日を迎え、初回に適時二塁打を放ち連敗ストップに貢献していた。