今季からルートインBCリーグに参入した神奈川フューチャードリームスが1日、チームスローガン「未来へ翔く夢への一歩」を発表した。

チームは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月7日から活動を休止。この日、約2カ月ぶりに集合し、練習を再開する予定だったが、あいにくの雨で中止となった。藤沢翔陵高グラウンドでミーティングを行い、藤本伸也社長がナインへスローガンを伝えた。

「夢への一歩」は鈴木尚典監督(48)が考案。「ここにいる選手たちは、NPBに行くという夢をかなえるチャンスがある。それに向かってこのチームで1歩踏み出してほしい」と期待した。自粛期間中の調整法は選手たちに一任。久々のチーム練習で成長を確認する予定だったが、練習再開はお預けとなった。それでも久しぶりに選手たちと対面し「野球ができるという喜びのようなものを感じた」と目を細めた。

リーグ戦は、6月中旬以降での開幕のめどが立ちつつある。「みんなうずうずしている。野球人としてやっと始まる」と初のシーズンへ向け、本格的に準備を進めていく。