広島が合同練習再開2日目にして4選手が2軍降格となった。1軍での経験十分な野間峻祥外野手、上本崇司内野手、薮田和樹投手に加え、田中法彦投手が荷物をまとめた。

野間は「打たないと意味がない。かといって打つだけではダメな選手。ファームに落ちても、一番下手くそ。それくらいに思って、前よりも少しでもうまくなれるようにやっていきたい」と逆転開幕1軍を目指し、表情を引き締めた。