巨人今村信貴投手(27)が7回1失点の粘投で今季初勝利をマークした。

2回1死三塁、ヤクルト太田に適時打を浴び先制されるも、以降は「少し落ち着けた」と尻上がりに状態を上げ、4回から無安打に抑えた。7回にチームが勝ち越しに成功し、勝ち投手の権利を得ると、ベンチで両手を掲げて喜んだ。「野手の方を信じて、必ず逆転してくれると思って粘っていた。めっちゃうれしかったです」と話した。

巨人担当のツイッターはこちら―>

巨人ニュース一覧はこちら―>