専大・杉山拓海外野手(4年=仙台育英)が、父の杉山賢人西武2軍投手コーチ(52)の前で結果を出した。途中出場ながら、2打数2安打2打点と大活躍。「目の前で打ててよかったです。今日は(観戦に)来ているかなと思っていました」と喜んだ。

オフを利用して観戦に訪れた杉山コーチは「ハラハラドキドキ、ミスしないかなと、打てなかったらどうしようと親目線で見ていました」と話した。

3回途中の守備から、左翼手に入った。1-1で迎えた4回1死満塁では、体勢を崩されながら犠飛を放ち、勝ち越しの1点を奪った。

専大は父の母校でもあり「最後に神宮でプレーしたい気持ちもありますし、父の母校を1部復帰させたいです」と意気込んだ。