DeNA森敬斗内野手(19)が、日本シリーズで活躍したライバルに刺激を受けた。

ともに静岡出身で同学年のオリックス紅林弘太郎内野手(19)は、ヤクルトとの全6試合に出場し、打率3割1分8厘と活躍した。森は「昔からすごかったのはありますが、この世界は活躍した方がすごいし、ああやって大舞台でしっかり活躍しているのはすごい」と認めた。

幼少期から顔見知りだった。「小学校のころから、地区も近くて練習試合でも戦っていた。あの時からすごくいいなと思っていた。中学校のチームも本当なら同じになるはずだった」という間柄。森は島田ボーイズから桐蔭学園(神奈川)に進み、ドラフト1位でDeNAに入団。紅林は青島中で軟式野球の部活から駿河総合高校と地元で腕を磨き、ドラフト2位でオリックスに入団した。高校時代はU18日本代表の1次合宿でチームメートだった。

【関連記事】DeNAニュース一覧

森は俊足と巧打が魅力で、紅林はパンチ力と、タイプは違う。だが、森はドラフト順位では上だった。「自分も頑張らないとなと思うし、悔しい気持ちもあります」と、現状は実績で差が開いていることを認めながらも、ライバル心をかきたてられている。来季の目標は開幕スタメンからのレギュラー奪取。石井琢朗コーチの熱血指導を受け、勝負の年に挑む。【斎藤直樹】