ソフトバンクは24日、監督、コーチ会議を開き春季キャンプのメンバー振り分けなどを決定した。

【一覧】感染のソフトバンク柳田、松田らはC組スタート/キャンプ振り分け

主力の新型コロナウイルス罹患(りかん)などの影響もあり、A組には育成右腕の重田や2年目井上ら1軍未経験の若鷹を多く抜てき。藤本博史監督(58)は「世代交代と言われている中で、(コロナの影響で)もっと若い選手も入って来られた。初日からアピールしてもらいたい」と話し、過去最大級の「超サバイバルキャンプ」を予告した。

例年より実戦形式を早める方針だ。第1クールから投手陣はフリー打撃に登板。第2クールはシート打撃を取り入れる。藤本監督は「Aで元気がなかったり、精彩を欠いている、となった場合は、B組とどんどん入れ替える可能性はあります」と、特に若手にはキャンプ前半から本格的に競争させる意向だ。

一方で、千賀や森ら実績のある投手はB組スタート。藤本監督は「第3クールからは実戦に入れるような状態を作ってくれということ」と話し、スロー調整を認めた。例年より1週間ほど早く、第3クールからは紅白戦を予定。コロナ陽性でC組筑後スタートの柳田らを含めた主力たちが合流してくるタイミングで、競争はより激化する。

抜てきされた若手もアピールし続ければ、オープン戦や開幕メンバーに残るチャンスはある。「開幕までにどんどん減っていくわけですからね。これが競争ですから。結果も内容も出して、アピールしてほしい」。指揮官は、厳しい争いを勝ち抜く新星の登場を待っている。【山本大地】