東洋大が日大に勝利し、2勝1敗で勝ち点を獲得。単独首位になった。

ドラフト上位候補の最速158キロ左腕、細野晴希投手(4年=東亜学園)は今季2度目の先発マウンド。8回2安打無失点でまとめた。5回には味方失策で無死一、二塁のピンチを背負う。「1点は仕方ない気持ちで割り切って投げた」と三振、一飛、二飛に打ち取った。今季1勝目を挙げ「開幕から投げられなくて、前回の1戦目もとれなくて、迷惑かけていた分今日とれたのはすごくうれしい」と振り返った。

野手陣も奮闘し、5回に1死二塁から吉田元内野手(2年=龍谷大平安)は「今まで打てなくて迷惑かけていたので、自分がなんとく後ろにつないでいく気持ちで打席に入った」と左翼線へ適時二塁打を放ち先制。2点リードの9回には3安打4得点と突き放した。