阪神中野拓夢が最多安打争いで単独トップに立った。

7回の第3打席で広島九里の内角高めカットボールを、腕をうまくたたみ右前へ運んだ。これで今季163本。「自分の中ではヒットを打つという意識よりは、最後まで試合に出るという意識の中でヒットが打てればいいなというような感覚でやっている」。中日岡林とDeNA牧が162安打と1本差で追う。3人とも残りは2試合で、最後まで目が離せない。