巨人大城卓三捕手(30)がセ・リーグの捕手部門で3年ぶり2度目のベストナインを受賞した。

今季は134試合出場の打率2割8分1厘、16本塁打、55打点。いずれもキャリアハイだった。

「このたびベストナインに選出していただき、大変うれしく思います。来シーズンは、リーグ優勝、日本一を目指し、今シーズン以上の成績を残し、また選んでいただけるよう頑張ります」とコメントした。

【イラスト】ベストナイン受賞者/セ・リーグ