出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化する「現役ドラフト」が8日、午後1時より開催される。オンラインによる非公開で行われ、順調にいけば午後5時ごろに指名結果が発表される。

   ◇   ◇   ◇

【現役ドラフトの主なルール】

▼各球団は契約保留選手名簿に載せた中から指名対象選手を2人以上選び、NPB事務局に契約情報やメディカル情報とともに提出。

▼8項目の選手は対象外。

(1)外国人選手

(2)複数年契約選手

(3)来季年俸5000万円以上の選手(1人は5000万円以上1億円未満も可)

(4)FA権を行使したことのある選手

(5)FA資格選手

(6)育成選手

(7)前年シーズン終了後にトレードで獲得した選手

(8)シーズン終了後に育成から支配下になった選手

▼5000万円以上1億円未満の選手を選んだ球団は、5000万円未満の選手を追加し3人以上を選ぶ(※今年の新ルール)。

▼各球団は他球団の対象選手リストから獲得希望選手を議長に通知。

▼集めた獲得希望の総数順に暫定指名順位を決定。獲得希望同数なら今年のドラフト会議2巡目の指名順。

▼まず、暫定指名順位1位の球団が通知通り指名。次に、同1位球団に指名された選手を出した球団が指名。次に、その球団に指名された選手を出した球団が指名。これを繰り返す(※以降の流れはシミュレーションを参照)。

▼11番目に指名する球団は必ず12番目に指名する球団から指名。これにより、全球団が必ず1人を指名し、1人を指名される。

▼希望する球団で2巡目指名を行う(昨年は不成立)。

【注】推定年俸に基づく。未更改選手は除いた。指名対象から外れる複数年契約を非公表で結んでいる選手が含まれる可能性もある。