巨人高橋礼が先発サバイバルのど真ん中に入っていく。27日練習試合日本ハム戦(那覇)での登板に向け前日調整を行った。

ソフトバンクから巨人へトレード移籍後、初の実戦登板は2イニングを予定。キャンプ最終盤での実戦に「阿部監督は、ど真ん中でいいからってずっといってくれている。早くバッターに投げて、いろんな反応を見てみたい」と、はやる気持ちを抑えながらマウンドに立つ。

チーム方針として指揮官が掲げる「困ったら、ど真ん中」に共感し強く意識するからこそ捕手・阿部を自然と仮想する。「阿部監督がキャッチャーに座っているような感覚があって。『真ん中に強いボール放ったらいいじゃん』って(ミットを構える)自分のイメージがあるんで、すごいポジティブに感じてます」とミット目がけて投げ込んでいく。

先発では戸郷、菅野、山崎伊、グリフィンらに続く開幕ローテーションを争う立場。「先発に強いこだわりがある。しっかり結果を残せればローテ枠に入れると思う」と、はい上がっていく。

【関連記事】巨人ニュース一覧>>