アマ13冠でプロボクシング東洋太平洋フェザー級3位の堤駿斗(23=志成)がABEMAとスポンサー契約を結ぶと11日、発表された。31日に東京・後楽園ホールで開催される同級4位のジョー・サンティシマ(26=フィリピン)との王座決定戦から契約スタートし、期間は1年。同興行もABEMAで無料配信される。

所属ジムによると、堤が契約を結ぶ企業の中で金額的にメインスポンサーになるという。国内最速記録となるプロ3戦目での王座獲得を狙う堤にとっては大きなバックアップだ。

同日、東京・目黒区の所属ジムで会見した堤は「まだプロで2戦目しかしていないですが、ABEMAさんとスポンサー契約をできるのはありがたいし、気持ちが引き締まる。(ABEMAには)今、勢いがありますし。期待を裏切らないように良い試合をみせたい」と口にした。個人的に、ボクシングなど格闘技以外にもサッカーW杯やプロ野球、ドラマなどでABEMAを視聴しているそうで「いろいろな方に見てもらえるチャンスだと思う。ボクシングの良さを見せられる選手になりたい。ABEMAさんを通じて将来、世界王者になるまでの過程、道のりをお見せできたら」と青写真を描いた。

約1カ月間の米ラスベガス合宿を終え、今月7日に帰国したばかり。現地では海外の世界ランカーとも拳を交え、計60ラウンドのスパーリングを消化したという。日本最速の3戦目で東洋太平洋王座を獲得できた後のプランも頭にあり「良い感じで勝つことができれば、近々、世界ランカーとやってもいいと思っている」と言葉に力を込めた。