元WBC世界ライトフライ級王者矢吹正道(31=緑)が10日に16歳以下の少年少女を対象にしたスパーリング大会を愛知県高浜市内で開催する。「ボクシングは危険ではない、楽しさを知ってほしい」と競技の底辺を広げる狙いで年2回、5月5日のこどもの日と12月に開催し、今年が6回目。開催のたびに参加者は増えて今回は6歳~16歳の52人が参加する。

矢吹も楽しみにするのが「天才少女ボクサー」の“顔合わせ”だ。矢吹の長女、中学1年の佐藤夢月さんと小学6年の山岡乙葉さんが拳を交える。

夢月さんは未来の世界王者への登竜門、ジュニアチャンピオンズリーグ全国大会を連覇。奈良・天理市在住の山岡さんも全国大会を連覇した。2人のチャンピオン少女は将来、五輪で金メダルの夢を描く。今回、山岡さん側から“対戦オファー”があり、夢月さんが快諾したという。

矢吹は夢を抱く子どもたちのために演出に尽力。静岡からプロのリングアナウンサーを招き、YouTubeでライブ配信する。「子どもたちが喜ぶんで」。運営費約40万円は、サポート企業が支援。ただ、必要以上の金額は集めず、すぐに打ち切る。「使い道のないお金は必要ないし、繰り越しはしない」とクリーンな運営を心がけている。

矢吹自身は今年5月の練習中に左アキレス腱(けん)断裂の重傷を負い、一時は引退も考えたどん底から再起を目指すと決めた。来春にも復帰戦を予定する。自身の背中を押してくれるのが、子どもたちのはつらつとした姿だ。「やっぱり刺激になります。モチベーションが下がらないですよね」。再び世界へ。子どもたちからエネルギーを得て、逆境から上り詰める。【実藤健一】