新日本プロレスは24日、前日23日の札幌大会初日にNJPW WORLD認定TV王座防衛戦を行い、マット・リドルに敗れてベルトを失った棚橋弘至が、24日の札幌大会最終日を欠場すると発表した。右足関節捻挫のためだという。

これにより一部対戦カードが変更され、棚橋はオカダ・カズチカの“日本最終戦”でともに戦うことができなくなった。

変更カードは次の通り。

▼(変更前)第2試合20分1本勝負

オカダ・カズチカ&棚橋弘至&石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI VS マット・リドル&ジェフ・コブ&グレート-O-カーン&フランシスコ・アキラ&カラム・ニューマン

▼(変更後)第2試合20分1本勝負

オカダ・カズチカ&石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&矢野通 VS マット・リドル&ジェフ・コブ&グレート-O-カーン&フランシスコ・アキラ&カラム・ニューマン