「Victory Challenge Tag League(VCタッグリーグ)」公式戦4試合が行われ、サクソン・ハックスリー&ティモシー・サッチャー組、杉浦貴&佐々木憂流迦組がともに2連勝で勝ち点を4に伸ばした。

「強くなりたいんです」と直訴して前GHCヘビー級王者・拳王とタッグを組んでいる23歳の大和田侑は、清宮海斗&大岩陵平を相手に果敢にエルボーやドロップキックをたたき込んで奮闘。大岩の逆エビ固めを耐え、最後は清宮にクロスフェイスで顔面を締め上げられたがタップせず、時間切れドローに持ち込んだ。

拳王は試合後のマイクで「よし大和田、よくやったぞ。おい清宮、これが大和田侑だ、これがノアの未来だ! おい大和田、清宮相手に本当に良くやった。お前はこのVCタッグリーグでめちゃくちゃ成長してるじゃねえかよ。オレはな、本気で優勝狙ってるぞ。まだまだVCタッグリーグも始まったばかり。このまま優勝目指してやっていこうぜ」と必死になって戦った大和田をたたえた。

その後、拳王にうながされて試合後のマイクを握った大和田は「勝てませんでしたが、負けませんでした。VCタッグリーグ、優勝します。応援よろしくお願いします」と叫ぶと会場は大歓声につつまれた。

▼VCタッグリーグ(20分一本勝負)

○サクソン・ハックスリー&ティモシー・サッチャー<4>(14分9秒、ネックハンギング・ボム→エビ固め)ドラゴン・ベイン&×アルファ・ウルフ<2>

▼同

○杉浦貴&佐々木憂流迦<4>(12分42秒、フランケンシュタイナー)×征矢学&近藤修司<2>

▼同

○潮崎豪&小峠篤司<2>(16分36秒、豪腕ラリアット→片エビ固め)マサ北宮&×稲葉大樹<0>

▼同

拳王&大和田侑<1>(20分時間切れ引き分け)清宮海斗&大岩陵平<1>

※各タッグの後ろの数字は勝ち点