ドラディションのリングで新崎人生(みちのくプロレス)と黒潮TOKYOジャパン(フリー)がまさかの合体だ。

タッグマッチ30分一本勝負で吉田綾斗(2AW)&MAZADA(フリー)と対戦。試合前こそ、福山雅治の「HELLO」をフルコーラス使って入場するかと見せかけて、花道を戻っていってしまった黒潮に対し、新崎のイライラが爆発。腕をつかんで無理やり入場させる場面もあったが、ゴングがなると意外にも好連係を見せ、2人でW拝み渡りを成功させる場面も。

最後は10分14秒、新崎が吉田を抑えている間に、イケメンサルトで黒潮がMAZADAを仕留めた。

バックステージでは足立区出身の黒潮が「実は僕、新日本でも全日本でもなく、みちのくプロレスを見て育ったんで。今日、人生さんと絡んだの、プロレス14年やって初めてだったんで、人生さんの入場の背中を見た時に『おっ、新崎人生だ!』ってなってました」とうれしそうに告白。

新崎も「ぜひみちのくプロレスにも出てもらって」と黒潮を誘い、「今日は非常に面白かった」と笑顔を見せていた。【千葉修宏】