大関正代(29=時津風)が、東前頭2枚目北勝富士(29=八角)を寄り切りで下して白星を先行させた。

北勝富士のおっつけで上体が起きたが、引くことなく足をかき続けた。じりじりと北勝富士を後退させ、左を強引に差して勝負あり。「立ち合いからの圧力がよかった。左がのぞいて流れがいい方向に向いてくれた」と納得した。

初日に黒星を喫したが、2日目から立て直した。三役以上で無傷なのは新横綱の照ノ富士だけ。早くも追いかける展開となっているが「1敗を守って後半戦まで争っていければなと思います」と意気込んだ。