NGT48の2期生、川越紗彩(23)が2月でグループを卒業し、芸能界を引退する。卒業公演が25日、NGT48劇場(新潟市)で行われる。シングル表題曲の選抜入り5度など、中心メンバーの1人でもあった約5年半のアイドル生活を振り返った。3期生の新井りりの(19)も2月いっぱいで卒業。4月から進学する。

    ◇   ◇   ◇

-卒業公演直前の心境は

川越 実感がないんです。本当に卒業しちゃうのかなって。ただ、ほかのメンバーが悲しんでくれているのがうれしいです(笑い)。最後の通常公演(17日)の後、みゆみゆ(藤崎未夢)が泣いてくれました。

-どんな公演に

川越 実はNGTに入った時に、卒業公演の最後はこれにしよう、と決めていた曲があるんです(笑い)。ドレスはお姫さまというよりは、少し強めのゴージャスな感じです。

-卒業発表後の気持ちは

川越 ファンのみなさんに今まで以上に感謝を伝えなきゃと思っていました。自分を表に出せない方なんですけど、卒業発表の後は出してきたつもりです。

-今思うと、やってみたかったことは

川越 滝行かな(笑い)。アイドルならではの感じがするじゃないですか。たくさんお仕事をさせていただきました。シングルの選抜は(20年のシャーベットピンク以後)全部選んでいただいて、フェスにも出られて。センターというより、フロントに立ちたいという思いはありました。でも、選抜に入れることがありがたいことなので、本当に悔いはないです。

-印象に残ったことは

川越 ギターのソロ公演です。そんなに緊張するタイプではないんですけど、リハーサルの時から意識してました。あと、17日の昼公演の時、歌い出しで歌詞を間違って…。最後の最後にやってしまったな、っと(笑い)。悔いがあるとすれば(グループ内のバンド)「じぶんサンドイッチ」の公演は、ほとんどメンバーが卒業したので1度しかできなかった。1人だけ残る(三村)妃乃が卒業したら、再結成して新潟でライブをやりたいです。

-新潟の印象は

川越 雪道で転びそうになった時、おばあさんに助けてもらったり、古町(新潟市)のカフェにメンバーと行ったり。人が温かくて過ごしやすい街ですね。

-今後は

川越 芸能界は引退します。まずプライベートで海外に行ってみたいんです。英語を勉強していろいろな国に行って、いろいろな景色を見たい。

-NGT48とは

川越 面白い(笑い)。メンバーもスタッフさんも、面白い人ばかり。゛おもろい場所゛でした(笑い)。ファンのみなさんには感謝しかないです。私も幸せになりますので、みなさんも幸せになってほしいです。【聞き手・斎藤慎一郎】

◆川越紗彩(かわごえ・さあや)2000年(平12)10月14日生まれ、茨城県出身。18年6月に2期生としてお披露目。グループ内のバンド「じぶんサンドイッチ」、元NGT48中井りかがプロデュースするユニット「CloudyCloudy」のメンバーとしても活動した。シングル表題曲の選抜入りは「シャーベットピンク」「Awesome」「ポンコツな君が好きだ」「渡り鳥たちに空は見えない」「あのさ、いや別に…」。血液型B。