朝日放送(ABCテレビ)は23日、大阪市内の同局で4月改編説明会を行った。日曜夜10時にドラマ枠を新設すると発表した。第1弾は女性3人の友情物語となるテレビ朝日系「日曜の夜ぐらいは…」(日曜午後10時)が4月30日にスタートする。

清野菜名(28)、岸井ゆきの(31)、生見愛瑠(21)が出演する。「第46回日本アカデミー賞」では清野が優秀助演女優賞、岸井が最優秀主演女優賞、生見が新人俳優賞を受賞。いま最も旬な女優3人のそろい踏みした連ドラとなる。脚本家の岡田惠和氏が担当し、今を生きる女性たちを描いた友情物語を届ける。

関西ローカルのABCテレビの通販バラエティー「せのぶら本舗」が29日で終了し、4月3日から「浦川&ナジャのウラのウラまで失礼します」(月~水曜午前9時55分)がスタートする。

ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」(月~木曜午後3時)で人気のナジャ・グランディーバと浦川泰幸アナウンサーのコンビが、関西各地を訪れて人気商品や注目スポットなどを「ウラ側からのぞき見する」。ABCテレビ公式通販サイト「ABC ミッケ」とも連動し、商品紹介もする。