お笑いコンビ、パックンマックンのパックンことパトリック・ハーラン(52)が16日、X(旧ツイッター)を更新。実写映画「バービー」をめぐる原爆ファンアート騒動が起きた“背景”について解説した。

パックンは、米国で同作品と、原爆を開発した物理学者を描いた映画「オッペンハイマー(原題)」を結びつけたファンアートが多数作成・投稿された件について、「アメリカ人の、#きのこ雲の使い方を理解するにはもう一つ大事な文化を知る必要があると思う」と書き出し、「アメリカ人は全体的に日本の方々より、危険なもの、実害を及ぼすものに対する『慎重さ』がない」と指摘。「例えば、スポーツチームの名前を見ればわかる。『津波』という名のプロサッカーチームもあれば、ホッケーには『雪崩』や『竜巻』、大学のアメフトには『ハリケーン』などもある」と説明した。

続く投稿でも「死亡者も含む大規模な災害を思い出すチーム名、日本では考えづらいけど、アメリカでは普通だ。フィクションの世界でも、アメリカンジョークではえぐい死に方がオチになることも多いし、派手な殺し方が映画の見せどころでもある」と例を挙げ、「弁解するつもりはないが、日本の基準からみれば、配慮が足りないのはきのこ雲の扱い方だけではない」と私見を述べた。