歌手藤あや子(62)とマジシャンのMr.マリック(74)が29日、都内で「スゴいぞ、4K・8Kキャンペーン発表会」に出席した。

4K番組のBS朝日「人生、歌がある」(土曜午後7時)のサブ司会を務める藤は「4Kが始まる時は歌手仲間、特に女性歌手は『どうしよう、細かく映っちゃう』と話してたんですけど、実際に出てみると奇麗に映っている。女優さんなんかはお化粧も変えてるんじゃないかと情報交換しています」。この日は、紫の着物を来て登場したが「紫は映ると色が変わりやすいんですが、4K・8Kは鮮明に映りますね。年齢を重ねると笑いじわも増えてきますが、そこは気にせずに女優さんのように歌を“演じ”させていただいてます。あと、4K・8Kでのプロ野球観戦にはまっています。テレビっ子世代で、家に帰るとまずテレビをつけるので、好きなものが見られるようにジャンルを増やしてほしい」と話した。

ここで、同じくBS朝日「スーパー4Kマジック 独占!最強神業が奇跡の共演」(12月10日午後9時)に出演するマリックが登場。お祝いのシャンパンに触れることなく、ハンドパワーで栓を抜いて「今日は来てますよ」。藤は「ビックリ」と笑顔を見せた。

マリックは「4Kがこんなに鮮明に映るとは知らずにいました。収録して戻ってきたら、見えちゃいけないものが『鮮明に映ってました』と。黒いところに黒いものを置くと、見えなかったものが映ってしまっていた。でも、4K用にマジックを作り直して勉強になりました。スロー再生とか大変。マジックはファンタジーだったけど、リアリティーが4K・8Kだと伝わる。こんなに驚いてもらえるのかと楽しみになりました。4K・8Kで見るのは旅番組が好きです」と話した。