俳優赤楚衛二(29)が29日、都内で行われた第52回ベストドレッサー賞授賞式で、芸能部門を受賞した。

黒スーツ姿でひげをたくわえ登場し、「実は映画の撮影をしていまして。決して無精ひげではありません」と笑顔で説明。「着る服全部が新鮮に見える。周りからも基本好評で良かったなあという感じです」とほほ笑んだ。

受賞の感想を聞かれると、「僕はデビューが21歳で、今29歳なので8年目。歴史ある賞をいただいて本当に光栄に思います」と話した。今年放送のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」にも出演し、「10代から30代を半年間も演じさせていただくのは初めてだった。僕の中では宝物のような作品」と振り返った。

また、30歳を目前にした心境を聞かれると「お芝居の道としてはまだまだこれからだと思いつつ、いろんなお世話になってる先輩達がいるので、そんな風にかっこいい男になりたい」。今年を表す漢字を聞かれると「変」と回答。「僕自身の環境やお芝居の質的なものも、僕の中で今まで作り込んできたものを一度壊して、新たなチャレンジをさせていただいて、そちらの道がなじんできた。僕自身変化の年になったかな」と語った。

今後の目標については「今までの『こういうイメージだろうな』というのを裏切りつつ、僕と言えばこれだという代表作を作ることができるように頑張りたい」と意気込んだ。

女優川口春奈(28)も同賞を受賞した。スポーツ部門、スマイル太陽賞には監督として3月のWBC優勝を果たした栗山英樹氏(62)が輝いた。