元AKB48でタレントの松井咲子(32)と、元お笑いコンビ「ゾフィー」の芸人・上田航平(38)が5日、それぞれのSNSで結婚を発表した。

連名で「師走の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。私たち、上田航平と松井咲子は、結婚致しましたことをご報告させていただきます」と報告。「私たちはお互いに尊敬し合える存在であり、最も美しいハーモニーを奏でるパートナーだと確信しております。夫婦であり、恋人であり、親友でもある2人の言頼と愛情はこれからも変わらず、ともにリズムを合わせて輝かしいメロディを紡いでいく所存です。私たちの人生は出会ってから明転しました。意外な設定と驚きの展開で彩られた時間はかけがえのない宝物です。脚本はまだ途中ですが、『結婚』というタイトルの下、2人で支え合いながら、拍手笑いの絶えない家庭を築いて参りたいと思います。これまで以上に仕事も邁進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻宜しくお願い致します」とつづった。

2人は番組などでの共演経験はないものの、松井がお笑い好きなこともあって知り合い、19年ごろから交際に発展。1月に一部で真剣交際が報じられ、両事務所とも認めていた。今月3日に婚姻届を提出し、ゴールインした。

松井は音大出身で、特技のピアノを生かして、フジテレビ系「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」でも5度優勝経験があるなど、15年6月にグループ卒業後も活躍。今月25日には3冊目の写真集「妄想椿」の発売も予定するなど、仕事も順調だ。

慶応高野球部前監督で、四国IL香川の代表を務める誠氏を父に持つ上田も、お笑いのセンスを評価する声が高い実力派。先月6日に、14年に結成し、17年と19年には「キングオブコント」の決勝も進出した「ゾフィー」の解散を発表したが、ソロとしても最近ではフジテレビ系ドラマ「パリピ孔明」に出演。芸人、作家などマルチに活躍中だ。