NHK報道番組「ニュースウオッチ9」で、新型コロナワクチン接種後に家族を亡くした人のインタビューを、コロナ感染により亡くなったと受け取れるように放送した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(小町谷育子委員長)は5日、「放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。

意見書では「担当者は、コロナウイルスに感染して亡くなった人と、ワクチン接種後に亡くなった人の違いは分かっていたものの、広い意味でコロナ禍で亡くなった人に変わりはないだろうと考えた、と説明している。こうした認識はニュース報道の現場を担う者としてあり得ない、不適切なものだった」と指摘。「インタビューに登場した人物の属性を事実と異なる形で伝えるという、ニュース報道の基本を大きく踏み外したもの」とした。

さらに、「不十分だった取材サポート」として、取材担当者と上司、部署内のコミュニケーション不足を指摘。「取材経験やノウハウが十分でない担当者が不安を抱えながらも、組織内から十分なサポートやバックアップを受けられず、孤独に取材を進めていた」とし、チェック機能も働かなかったとした。

さらに「『人の死』をめぐる情報を扱う判断の軽さ」にも言及。「大切な家族を亡くした3人の遺族の声を合計わずか24秒で伝えるという編集の仕方それ自体に問題があった。どのような経緯で亡くなった人の遺族であれ、ニュース番組における『人の死』の伝え方としてあまりにも軽かったのではないか」と断じた。

審議入りしていたのは、5月15日に放送した「新型コロナ5類移行一週間・戻りつつある日常」と題した短いVTR。新型コロナワクチン接種後に家族を亡くした人のインタビューを紹介したが、映像内ではワクチンについて触れず、コロナ感染により亡くなったと受け取れるように編集したとして抗議を受けていた。