女優でタレントの立花理佐(52)が、このほどニッポン放送「森田健作 青春の勲章は くじけない心」(24年1月8日、月曜午後6時20分)とNACK5「森田健作 青春もぎたて、朝一番!」(24年1月7日、日曜午前6時30分)の収録に参加した。

直腸がんで2020年(令2)に子宮などの摘出手術を受けていたことを先月末に発表。以来、初めての公の場となった。「コロナ禍の20年5月に病院に行って直腸がんが分かりました。ステージ3で、放射線、抗がん剤治療でがんが消えることを願いましたが、無理で10月に手術しました。手術は13時間かかって子宮、卵巣とか取れるものは全部取りました」と話した。

今年、10月の検診で3カ月ごとを6カ月でいいと言われて、公表した。「今はスッキリ。これからは早期の検診をアピールするのが、私の使命」と話した。

立花は1987年(昭62)4月に「疑問」でアイドル歌手デビューした。この日、ニッポン放送では西村知美(52)、NACK5では酒井法子(52)と、旧友と共演した。

森田は「がんは早く見つけることが大事。理佐ちゃんは笑顔だけど奥深いことを言っている。これからも元気に頑張って」。立花は「これからはお休みしていた芸能活動を頑張りたい。知美ちゃん、法ちゃんと、一緒に歌えたらいいですね」と話した。【小谷野俊哉】

◆立花理佐(たちばな・りさ)1971年(昭46)10月19日、大阪府生まれ。86年「第1回ロッテCMアイドルはキミだ!コンテスト」でグランプリ。87年1月、TBS系連続ドラマ「毎度おさわがせします3」で主演デビュー。同年4月に「疑問」で歌手デビュー。