杉咲花(26)が9日、都内で行われた単独初主演映画「市子」公開記念舞台あいさつで戸田彬弘監督(40)からのサプライズの手紙に涙した。

舞台あいさつでは、いつも落ち着き払っている杉咲だが、手紙の登場に「無理、無理、無理、無理、無理…」とひるみ、同監督から「一緒に歩んでくださり一生の宝物になりました」とねぎらわれると涙腺が崩壊。「誰か、ハンカチくださぁい」とヘルプを呼びかけた。若葉竜也(34)が見守る中「全ての時間が楽しすぎて愛しているので舞台あいさつが終わるのは寂しくて」と惜しんだ。