お笑い芸人、劇団ひとり(47)が12日、日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜午後9時)に出演。監督を務めたNetflix「浅草キッド」に出演した女優鈴木保奈美(57)へのオファーについて語った。

30周年を迎えた劇団を祝うため、「浅草キッド」に出演した鈴木がサプライズ登場した。鈴木は大泉洋ふんする深見師匠の妻麻里を演じ、劇団は「深見師匠がすごく強い役なので、この横にいて成立する女性って誰だろうといろんな女優さんを当てはめたけど、うまくはまらないなって時に、たまたまクイズ番組でご一緒して」と回想。「その立ち姿や凜(りん)とした感じが、この人だったら深見師匠と対等に渡り合えるんじゃないかと思って、いちかばちかでお願いしたんです」と経緯を語った。

番組の収録中から鈴木へのオファーを考え始め、終了後にすぐにプロデューサーに連絡したという。鈴木は「数日後にご連絡いただいて、クイズ番組でスカウトされた!」とクイズ番組での共演が出演につながり、驚いた様子で笑った。