今年で結成から20年の音楽ユニット、スキマスイッチの2人が22日、フジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜午前11時50分)に出演。ボーカル大橋卓弥(45)とキーボード担当常田真太郎(45)の雑談からユニットの名前が決まったという。

番組MCハライチ澤部佑(37)から「スキマスイッチ、って不思議な名前ですけれども」との質問に大橋が「最初、自主制作でCDを作ったんですけど、自分たちのアパートで」と説明した。「宅録」という言葉で、要するに金もなくスタジオを借りて収録もできない「自宅録音」のことだった。

そして大橋が「それで(CDが)できあがって『そういえばグループ名ないね』ってなって」と話した。そのときにアパートの一室で2人「とにかく目についたものを言葉に出してみよう」ということになったという。大橋は「その中で響きのいいものをひっつけよう」というルールにしたという。

さらにユニットの命名について「何か意味を考えると、過去のバンドとかも、なんか今思うと気持ちを込めすぎて恥ずかしくなる」との理由で言葉遊びをしながらユニット名を決めようということになった。

大橋が「最初に出たのが“スイッチ”だった。アパートだったので、ひものついたこういうスイッチ」と説明しながら、すぐ横で常田が右手を上下させて部屋の照明をつけたり消したりするアクションをした。

そして「スキマ」については「当時ボロボロのアパートで建てつけが悪くて、ふすまや窓が閉まりきらない。スキマ、いいね。スイッチスキマ? いや、スキマスイッチ、おっ、いいね、スキマスイッチってことに」と話し終わると、MCハライチ岩井勇気(37)が「確かになんか本気じゃない感じの名前の付け方ですね」とツッコまれた。