セクシー女優吉川はすみ(27)らが23日、東京・銀座でタレントのテリー伊藤(74)らと「『AV新法』を改正し、AV業界を崩壊の危機から救いたい」デモ行進に参加した。その後、有楽町駅前で署名を呼びかけた。

22年に施行されたAV新法は、契約書の交付、契約から1カ月間の撮影禁止、撮影終了から4カ月間の公表の禁止などを義務化している。事情をよく理解しないままAV出演させられてしまうなどの被害の防止が目的だが、従来AVに携わっている出演者、制作者などからは弊害もあると改正を望む声が上がっていた。

テリーとともにデモに参加した吉川は「世田谷区議選に出馬したことがあるんですが、金にも票にもつながらない。脱いで稼げると言われたけど、私の年収は40万円でした。政治家の皆さま、票にならないからって見捨てないで」。志田みずき(22)は「ずっとAV女優になるのが憧れでした。自ら飛び込んだのに、AV新法でなかなか発売されない。もっと認められてもいいと思う。AVとAV業界を守るために頑張っていければ」。

金苗希美(31)は「そろそろ(キャリア)10年になります。AV新法の全てがダメとは思わないが、出演者、メーカーの権利が守られるいい法律になってほしい」。水谷星奈(39)は「今日歩いてみて、興味を持ってくれている方はいるんだと感じた。アダルト産業を活性化したい。日本の未来、文化を守っていきたい」と話した。