石丸幹二(58)芳根京子(27)らが2日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで、ゲスト声優を務めた「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」(今井一暁監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。

音楽をテーマにした作品で、石丸は「音楽って人の心をつなぐんだなと思いました。子供たちにもぜひ楽器をやってほしい。合奏するのって楽しいよ、って伝えたい」と話し、小学生のころから吹奏楽に親しんできた芳根も「音楽の楽しさをあらためて感じました。1つの目標に向かうすばらしさを感じました。お芝居に通ずるところあるんだなと思いました」とした。

音楽がなくなってしまう危機を描いた作品にちなみ、なくなったら絶対に嫌なもの、困る者を聞かれ、石丸は「ドラえもんかな。やっぱりドラえもんなくては世界平和はありません!」と回答、芳根は「おみそ汁。(具は)シンプルが好きで、油あげとねぎかな」と話した。

石丸は、司会を務めるテレビ朝日系「題名のない音楽会」の9日放送分は同作の特集であることを告知し「芳根京子ちゃんもフルート吹きます!」。芳根は「まさか、自分が出させてくれる日が来るなんて、夢のようでした」と目を輝かせた。

かが屋の加賀翔、賀屋壮也も出席。