お笑いコンビ、ダイアン津田篤宏(47)が、2日放送のTBS系「人生最高レストラン」(土曜午後11時30分)に出演。大阪と東京のギャラの違いについて語った。

ダイアンは結成19年目の41歳で東京に進出。決断の背景には給与事情があったという。

ユースケ(46)によると、大阪の番組で若手芸人に月収を尋ねる企画があり「僕ら聞く側だったけど、みんなめっちゃもらってた。正直若手が(自分たちと)変わらんくらいもらってた」と振り返り、「その次の日に(津田が)『東京行こう』って言い出した」と明かした。

津田が「大阪でなんぼ頑張っても、こんなに差つかへんねやと思ったんです。東京やったら変わるって言うじゃないですか」と話すと、MCの加藤浩次は「違う? 東京と」と質問。津田は「違う違う!ガチで違います」と声を大にした。

また「1時間番組のゲストとして呼ばれた時に、東京は大阪の何倍なの?」との問いには、「5倍、6倍。もっとの時もありますし」と赤裸々に告白。加藤は「うそ!」と違いに驚いていた。