「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が3日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。経営コンサルタント会社について私見をつづった。

三崎氏は「今年は経営コンサルの会社が116件も潰れたらしい」と書き出し、「人に経営を指導する仕事なのに、潰れるとか意味不明すぎる」と記述。そして「そもそも本当に経営が出来るなら、他人に指導する前に、自分で経営して稼いでるよね。自分で経営をしたこともない肩書きだけの人達にコンサルなんかうけても上手くいくわけないじゃん」と持論を書いた。

今月初め、経営コンサル会社の倒産が急増していると一部で報じられていた。

この投稿に対し、元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(32)が「へずまのTikTok裏コンサルが一番実績もあって伸びるのにね」と豪語するコメントを書くなど反応。

ほかにも「自分をコンサルする方が先でしたな」「これは納得」「ホントこれずっと思ってた」「先ずはセルフコンサルからですね」「まったくその通りですね」などとさまざまな意見が寄せられている。