元フジテレビアナウンサーで弁護士の菊間千乃氏は5日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し、4日に行われた日大アメリカンフットボール部の違法薬物事件をめぐる記者会見に関し、林真理子理事長の立場や責任についてコメントした。

菊間氏は、元テレビ朝日社員の玉川徹氏が現在の林氏について「川べりに行って、川に足を踏み入れたら激流で、今流されているという感覚をお持ちなのではないかと思っている」と、たとえを用いながら私見を述べたことに対し「川に足を入れたら激流だったというのは事実かもしれないが、今もし林さんがそう思っていたら改革はできない。自分で引き受けると言った以上、やらないといけない」と厳しく指摘した。

その上で「今回(大学上層部の)責任の所在が分かれてきているが、林さんも『決して軽くない』と。本当に軽くはないんですよね」と述べた上で「ガバナンスにおいては素人だけれど、専門家をきっちり配置してやろうとなった時、沢田(康弘副学長)さんは元検事で法律の専門家。沢田さんは元検察だから、言っていることは正しいんだろうなと林さんは思ったのだと思う」と、沢田氏を信頼した部分があったのではないかと推測した。

さらに「そこを(林氏が)信じてしまうのはどうなんだろうというのはありますが、(沢田氏が)元検察だったというところが今回、残念なところ。林さんの責任の所在が『決して軽くない』となったのだと思う」とも分析。沢田氏の言動をめぐるこれまでの経緯を踏まえながら指摘した。