今週の日曜中山メインは皐月賞トライアルの弥生賞ディープインパクト記念(G2、芝2000メートル、3月3日、3着までに優先出走権)が行われる。

東スポ杯2歳S2着から挑むキズナ産駒シュバルツクーゲル(牡、鹿戸)が、新馬勝ちした舞台で重賞制覇をもくろむ。

前走で見せた持ち前の先行力と、しぶとさは舞台替わりでさらに生きそうだ。

鹿戸雄一師は「順調ですよ。前回はなかなかペースが速い中、よく頑張ってくれた。一瞬の脚はないのでどこまで(前で)頑張れるかですね。中山はこの馬には合うと思う」と見立てた。