小野塚康之の高校野球熱Tube

高校野球担当記者座談会その3 ドラフト候補の選手達は

<座談会出席者>

◆古川真弥(ふるかわ・まさや)1977年(昭52)生まれ、福岡市出身。高校(修猷館)ではラグビー部。ポジションはフランカー。2000年、外務省に入省。在クロアチア日本大使館勤務などを経て、06年、日刊スポーツに入社。野球部で甲子園取材。西東京を担当し、斎藤佑樹の日本一を見る。07、08年横浜、09、10年巨人、11~14年楽天 13年は星野監督で日本一。15~17年ロッテ、18年西武、19年~アマチュア野球

◆福田豊(ふくだ・ゆたか)1962年(昭37)生まれ、静岡県出身。1985年日刊スポーツ新聞社入社。この年は阪神が優勝、甲子園優勝はKKのPL学園。入社1年目から野球部。高校野球は1年目の夏に栃木県担当(国学院栃木が甲子園出場)。2年目からプロ野球(巨人、日本ハム、西武、NPB)。甲子園取材は春夏5回。その後野球部デスク、北海道日刊スポーツ出向を経て、06年からメディア戦略本部でニッカンスポーツコムの編集。たまに高校野球のライブ速報などで球場へ。10年7月からツイッター(@fukudasun)開始。高校野球速報(春夏甲子園、地方大会)、ドラフト速報など。現在フォロワー数は16・5万。

小野塚康之の高校野球熱Tube

メニューは次の通りです。随時公開していきます。

(1)独り語りコラム~高校生の君たちへ~ ※公開済み

(2)高校野球担当記者座談会その1 2020年の高校野球 ※公開済み

(3)高校野球担当記者座談会その2 高校野球は特別か ※公開済み

(4)高校野球担当記者座談会その3 ドラフト候補の選手達は

(5)独り語りコラム~甲子園への思い~

(6)甲子園の実況名勝負~横浜対明徳義塾1998年夏準決勝~

(7)甲子園の実況名勝負~駒田苫小牧対済美2004年夏決勝~

(8)甲子園の実況名勝負~佐賀北対広陵2007年夏決勝~


小野塚アナの動画にご意見をお寄せください。<<ここをクリック>>


◆小野塚康之(おのづか・やすゆき)1957年5月23日東京都生まれ。学習院大学文学部卒業、1980年NHK入局。東京アナウンス室・大阪局・札幌・広島・福岡局などに勤務し、野球実況一筋に40年。甲子園球場での高校野球は春夏を通じて300試合以上を実況し、プロ野球もセ・パ全球団の公式戦、日本シリーズなどを担当した。野球の分野では、“甲子園を愛する名物アナウンサー”として全国の視聴者に親しまれて来た。特に2007年夏佐賀北対広陵の決勝戦は「神実況」と称賛を受けた。オリンピックでも夏季冬季あわせて5回の現地実況。2019年3月NHKを退局し野球に特化した「実況家」として活動中。CS、NETなどでプロ野球はシーズン90本実況。徹底的に野球の現場を追求しライブ感あふれるハイテンション野球実況に定評がある。野球をテーマとした執筆活動にも力を入れ、スポーツ誌に高校野球・プロ野球コラム掲載。著書に「甲子園『観戦力』をツーレツに高める本」(中公新書)がある。

公式サイト:https://zikkyo2.jimdofree.com/

Twitter:@onozuka0523

◆小野塚康之 1957年5月23日東京都生まれ。学習院大学文学部卒業、1980年NHK入局。東京アナウンス室・大阪局・札幌・広島・福岡局などに勤務し、野球実況一筋に40年。甲子園球場での高校野球は春夏を通じて300試合以上を実況し、プロ野球もセ・パ全球団の公式戦、日本シリーズなどを担当した。野球の分野では、“甲子園を愛する名物アナウンサー”として全国の視聴者に親しまれて来た。特に2007年夏佐賀北対広陵の決勝戦は「神実況」と称賛を受けた。オリンピックでも夏季冬季あわせて5回の現地実況。2019年3月NHKを退局し野球に特化した「実況家」として活動中。CS、NETなどでプロ野球はシーズン90本実況。徹底的に野球の現場を追求しライブ感あふれるハイテンション野球実況に定評がある。野球をテーマとした執筆活動にも力を入れ、スポーツ誌に高校野球・プロ野球コラム掲載。著書に「甲子園『観戦力』をツーレツに高める本」(中公新書)がある。
公式サイト:https://zikkyo2.jimdofree.com/
Twitter:@onozuka0523

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング